ごあいさつ 院長 岡村 智佳子 

当院は、1976年より中川産婦人科として開院し40年間、長きにわたり地域の皆さんとともに歩んでまいりました。2010年からは岡村智佳子医師が診療に加わり、医師二名体制で診療してまいりました。
このたび医院の名称も「中川記念 ちか子女性クリニック」と改称し第二駐車場に新病院を建設し2016年3月よりスタートいたします。
医院の名称は変わりましたが、今まで来院されていた患者様の診療内容は継続して診てまいります。
今後とも婦人科、産科外来、女性内科など幅広い世代の女性ヘルスケアに婦人科かかりつけ医として、一層力を尽くしていきたいと思っております。
小さな不調から深刻な病気が発見されることもあります。体調の変化に不安を感じていても、どこに相談してよいかわからなくて困っている方、 婦人科は受診しにくいと感じていらっしゃる方にも来院しやすいように、女性医師、女性スタッフで和やかな雰囲気を大切にお迎えいたしております。お気軽にご相談ください。
クリニック理念  
1. 婦人科かかりつけ医として地域の女性の健康をサポートしてまいります。
  女性の一生はホルモンの変動に伴い、そのライフステージに応じて気をつけるべき症状や疾患、治療方法が変わってきます。女性が生涯身体的、精神的、社会的な健康を維持、増進していくために一人一人に合った診療を提供したいと思います。
2. 明るく親しみやすい雰囲気とプライバシーを重視したクリニックづくりをめざします。
  婦人科は受診しにくい診療科だと思います。ちょっとした症状から重大な病気がみつかることも少なくありません。気軽に自分の悩みを相談していただけるような暖かい雰囲気を大事にしております。
3. 苦痛のない診察、丁寧な説明をこころがけます。
  内診などの痛みが少なくスムーズな診療をめざします。超音波断層検査時にはリアルタイムで子宮や卵巣のモニター画像をみていただき、説明をしております。
4. 1. 女性の病気やがん検診に対する啓蒙活動を通じて予防医学に取り組みます。
  病気を治療することは当然のこと。病気にならないようにする、または早期発見により身体的にも経済的にも負担の少ない治療で効果があげられるように地域のイベントや学校、企業などの講演活動にも力をいれています。
院長プロフィール  
  1994年 3月 日本大学医学部卒業
  1994年 5月 医師免許取得
  1994年 5月 仙台医療センター産婦人科 研修医
  1997年 12月 東北大学医学部産婦人科 医員
  2002年 2月 東北大学医学部産婦人科 助手
  2005年 4月 仙台市立病院産婦人科 医長
  2010年 7月 医療法人社団 中川産婦人科 院長
  2016年 3月 中川記念 ちか子女性クリニック 院長
     
免 許  
  1994年 医師免許
  1999年 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
  2001年 医学博士 東北大学
  2004年 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  2007 年 母体保護指定医
  2015年 女性のヘルスケアアドバイザー認定